2010年07月31日

69%OFF エンジェルハート EDT・SP





全く同じ外観で香りの異なる商品が一時期数社から発売され、商標上の問題になった「エンジェル・ハート」。元々はヨーロッパのどこかのブランドが発売した商品名でしたが、現在は商標権を持つ日本のコスメティック企画会社のブランド名となっております。未だに同名の香水が別の会社からも発売されておりますが、どうやら正式にはこの企画会社のものがオリジナルということになっているようです。

さて、そんないざこざが起こるのも、全てこれ、売れるからで、以降鬼のようにシリーズ化を続けているこのファミリーの、こちらは記念すべき第一作にあたる元祖です。発売当時、日本でミラクルなヒットを飛ばした本作は、ガーリーなフルーティー・フローラルのオーソドックスを行く、これ以上ないくらいスタンダードなアイテムで、ガールズでキュートな香りを初めてお求めの方に特にお勧めできる一品となっております。

アプリコット、マンダリン、パイナップル、グレープフルーツなどが、みずみずしく弾ける愛らしいサワー・スウィートのフルーツ・バスケットを浮かび上がらせるトップから、
ピーチ、ジンジャー、スズラン、フリージアなどが、清々しくもモダンな芯の強さを感じさせるフローラル・スウィートを沸き立たせるミドルへ。
ラストはピーチ・ブロッサム、ホワイトムスク、アンバー・グリスなどが、ソフトでセンシュアルなフェミニン・スウィートを浮かび上がらせ、ちょっぴり艶のある色香を漂わせてくれそうです。

基本的にデイタイムのカジュアル・シーンで重宝する香りだと思います。色合い鮮やかな可愛いウェアに合わせて、愉しいようなひとときをさらにウキウキとさせてくれるのではないでしょうか。男性受けもバツグンのようですから、若々しくラブリーなオーラを意中の人にアピールしたいときなどにもGOODでしょう。

何にせよガールズ・キュート路線の香りのスタートライン的なアイテムです。お馴染みのハート型のボトルも鬼キュート。セクシーなエンジェルである貴女の熱いハートを象徴します。

シリーズの新作「スノーホワイト」は、香りが一緒でボトルにストーンが嵌め込まれておりますから、買うなら新作がお勧めです。
posted by fragrance collection at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 - お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。